プレスクールは幼児教室として活用【スキルアップだぶー】

school

学校以外で学ぶ

education

プレスクールという言葉に特化して情報を収集する

学校以外のこどもの教育として挙げられるものには、塾などがありますが、幼児期の場合には、プレスクールを利用する事があります。唯、この言葉の使い方については、多少整理して理解しておく必要があります。 日本では、プレスクールというカタカナ言葉が使用されていますが、元々英語で使用される場合には、日本でいう幼稚園や保育園の様な位置づけとして使用されています。日本のプレスクールの場合には、幼稚園や保育園の位置づけになっている場合と、幼児教室の様なところに通わせる場合に使用する場合があります。日本の幼稚園や保育園でのプレスクールの場合には、主にはインターナショナルスクールなどの、外国人と一緒の場所に通い、英語も同時に習得している事を指している事が多い様です。

利用した後のメリットを想定して通わせる

プレスクールを利用する場合、その種類によって効果も違ってきますが、特にインターナショナルスクールの様な幼稚園からの英語での授業については、英語でのインプットとアウトプットがスムーズになる点が挙げられます。幼児の時には、脳が非常に柔軟であり、何カ国語かの言語を操れる様になるというデータもあります。そのため、プレスクールを利用して日常的に英語での生活を送る事で、英語での表現がスムーズにできる様になります。 また、プレスクールに通った後に、幼稚園に入れる場合がありますが、この場合にも集団生活における協調性が出るなどのメリットがあります。幼稚園では、集団生活になる第一歩になっている事がありますが、ここでは協調性や他の人へのおもいやりをもつ事も目的とされています。この点でもこどもが情緒的に安定した生活が送れる可能性があります。